SUGARSPOT

Androidアプリ、WEBサービス開発の SUGARSPOT  |Androidブログ「Androidのことなんだけど」もやってます

2018年8月13日月曜日

Androidアプリを作るときはJava? Kotlin?

Kotlinは2017年のGoogle I/OでAndroidアプリを開発する言語として正式に採用されました
それまでのJavaでの開発に比べてコードがシンプルになる事が多いです
コードがシンプルになるとバグが含まれる可能性が減りますし、コードの記述量が減るので開発速度も上がります

ただし、Kotlinに慣れたら・・・という問題があります

Javaと似ている部分もありますが、言語の習得には多少の時間が必要となります
そのため開発期間が短いプロジェクトに経験なくKotlinを採用するのは止めた方がよいです

何か問題が発生した際にリカバリー出来ないかもしれません

もし時間が許すのであればKotlinを採用する事をオススメします
学習コスト以外は正直なところメリットしか無い印象です

最近はAndroidのアプリは勿論ですが、サーバーサイドもKotlinを採用して開発するようにしています(開発言語の選定を許されてる場合に限りますけどね)

まだKotolinを採用していない。採用する予定がいつになるか分からない場合でも勉強しておくと導入が楽になるので、早めに手を付けてみることをオススメします

Kotlinを勉強する際は、公式サイトのチュートリアルをみて、そのあとでサンプルプログラムのコードを読んで見ると良いと思います

2018年8月7日火曜日

仕事のサイトをリニューアル

ずいぶん長い間ブログをサボっております。
書くことが習慣になっていないと忘れてしまいますね。気をつけます。

さて、このたびSUGARSPOTのホームーページをリニューアルしました
リニューアルといっても内容はほとんど同じで、デザインもあまり変更がありません

ホームページを製作していたソフトウェアが古くなり新しいものに変更したのでそれに併せて少しだけ見た目を変えてみました

SUGARSPOT

近況としましては、近畿大学 工学部 情報学科のとある研究に関わらせて頂いています
その研究で私の役目はAndroid端末でバーコードを読み込んで情報の登録や閲覧ができるシステムを作っています

不特定多数の人がタブレットのフロントカメラに向かってバーコードをかざし読み取るものを作ったのですが、最初Zxingでバーコードを読み取るように作ったものの認識率、速度ともに実用に耐えれないものだったので、Google Play サービスのbarcode検出機能を使うことにしました

※今回利用するバーコードが1次元バーコードなので、2次元バーコード(QRコード)であればZxingでも実用に耐えるように作れると思います

まだリリースに至っていないので細かい話しは書けませんが、ひとまずの近況報告です

近畿大学さまとの研究ままだ続いていくのですが、9月以降のお仕事も募集中ですので、WEBシステム、業務システムやAndroidアプリを作りたい!と、思われてる方がおられましたら声かけてください。